| 各種情報 (1) | 各種情報 (2) | 各種情報 (3) |

妊娠出産に関する診療費について
妊娠、出産に関する診療費は通常自費扱いですが、今は国やお住まいの市町村からの助成制度により自己負担はかなり少なくなっています。
お住まいの市町村へ妊娠の届出を出すと母子手帳と妊婦検診の補助券(14枚)が交付されます。その券を使用して妊婦検診を受けてもらいますので、支払う診療費はかなり少なくて済みます。ただし県外からの里帰りをされる方はその制度が利用できない場合もありますのでお住まいの市町村に確認してください。

妊婦検診の補助券の関連情報はコチラ>>

また出産費用に関しましても、各種公的健康保険に加入されていましたら出産一時金が支給されます。直接支払い制度の利用によりその一時金を直接出産費用に当てることが出来ます。ですからまとまったお金を準備しなくても大丈夫です。
手術などにより医療費が高額になる場合でも高額療養費支給制度による限度額認定書の利用が出来ます。

当院は診療のみ予約制となっておりますので、
必ず早めに事前の予約をお願いいたします。 分娩の予約は取っておりません、

産科医療保障制について、
当院は産科医療保障制度の加入機関です。
お産の現場では、予期せぬ出来事が起こってしまうことがあります。「産科医療補償制度」は、お産をした時になんらかの理由で重度の障害を抱えた赤ちゃんとそのご家族のことを考えた新しい仕組みです。 詳しくはスタッフへお尋ね下さい。
産科医療補償制度の詳細情報はコチラ>>

  赤ちゃんの聴力検査について
聴力検査については、出産後から退院迄の間に検査を受けることが理想的です。赤ちゃんの難聴は早く発見して早期にお医者さんの指導により、お母さんの声をちゃんと聞かせてあげたり、補聴器をつけるなどのケアが重要だと言われています、費用は5,000円程度です。
詳しくは当院スタッフにご相談下さい。
 

(産科)
(婦人科)
≫ 施設案内
≫ スタッフ紹介
 
 
 
 
 
 
 
 
≫ 各種サービス
診察のご予約