| 各種情報 (1) | 各種情報 (2) | 各種情報 (3) |

ソフロロジー式分娩法とは?
ソフロロジーは1960年にスペインの精神科医、アルフォンソ・カイセド博士が意識の段階を研究する事によって提唱した、精神の安定と調和を得るための学問です。 産科領域では1972年にフランスのジャンヌ・クレフ博士がはじめて分娩法にソフロロジーを取り入れました。
日本には1987年に熊本の松永昭博士によって導入され、同博士により研究、改良を重ねられ、分娩まで麻酔をしなくても、充分に陣痛を緩和出来るようになり、さらに優れた分娩法へと進化しました。

大きな特徴としては、ソフロロジー式分娩法では、妊娠中よりお腹の我が子に話しかけ、胎児への愛情をイメージにより育むことによって「母性愛」を確立していきます。つまり生む前から皆さんは赤ちゃんのお母さんとなっていけます。そして育まれた母性を分娩に向かって陣痛を乗り切るエネルギーへと切り替えていきます。

またソフロロジー式分娩法の最終目的は単に陣痛の痛みを軽減させることだけではなく、妊娠中から高めた母性愛をこれからの育児というステップへ踏み出す大きな力となしていきます。

 


お産は決して怖いものではありません。またソフロロジー式分娩は決して難しいものでもありません。

当院ではソフロロジー協会認定施設としてスタッフ一同皆さんのことを応援してまいります。どうか安心して当クリニックにおけるソフロロジー式分娩法でお産にのぞんで下さい。
さあもう直ぐ可愛い赤ちゃんに会えますよ。



里帰り分娩
実家に帰省して出産することを「里帰り分娩」「里帰り出産」と言います。里帰り分娩では、育児経験豊かな実母や親戚などに産前産後の生活に協力してもらうことができ、心身の安静と体の回復にもつながり、母乳の分泌も良くなると言われています。 当医院でも取扱っておりますので、ご相談下さい
 
(産科)
(婦人科)
≫ 施設案内
≫ スタッフ紹介
 
 
 
 
 
 
 
 
≫ 各種サービス
診察のご予約